So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

マリオ、ドラゴンボール、エヴァの世界に入れる! バンダイナムコのVR施設は激走レースのスリルに脱帽 [フィギュア]

 バンダイナムコエンターテインメントは2017年7月14日、新宿歌舞伎町にVRアトラクションを中心にしたアミューズメント施設「VR ZONE SHINJUKU」をオープンした。入場は原則日時指定の予約制で、ウェブサイトで受け付ける。

【関連画像】マリオカートのドライバーになれる「マリオカート アーケードグランプリVR」。一緒にプレーするドライバーと競うが、勝てなくても走っているだけで楽しい

 VR ZONE SHINJUKUの特徴はまず大規模なこと。1100坪の敷地に立つ2階建ての建物に、15のアトラクションが並ぶ。VRを使ったアミューズメント施設は各地に登場しているが、それらの中でも最大規模になる。

 2つめの特徴は、アトラクションの種類が多く、ドラゴンボール、マリオカート、新世紀エヴァンゲリオン、機動戦士ガンダムといった人気IP(ゲームアニメのタイトルやキャラクターなどの知的財産)を使ったものをそろえていることだ。

 3つめは、HMD(ヘッドマウントディスプレー)を装着して遊ぶアトラクションだけでなく、プロジェクションマッピングを使った壁を滑り落ちたりクライミングウォールを登ったりと“リアルな体験”ができるアトラクションがあること。施設オリジナルのメニューが楽しめる飲食スペースや、オリジナルグッズの販売コーナーもあり、VR目当てでない人も楽しめる仕掛けを用意している。

 料金は入場料と4つのアトラクションをセットにした「1day4チケット」が4400円となっている。入場料は大人800円、子供500円で、各アトラクションは個別に当日チケットで遊ぶこともできる。
(この記事はゲーム(日経トレンディネット)から引用させて頂きました)




歌舞伎町に「VR ZONE SHINJUKU」 国内最大16種のVRアクティビティ /東京 [フィギュア]

 新宿の歌舞伎町エリアに7月14日、国内最大級のVR(バーチャル・リアリティー)エンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」(新宿区歌舞伎町1)が期間限定でオープンした。施設面積は1100坪で、16種類のVRアクティビティなどが体験できる。(新宿経済新聞)

「極限度胸試し ハネチャリ」。VRゴーグルと専用体感マシンで空を飛んでいるような臨場感が体感できる

 VRをはじめとした最新技術と、体感マシン開発技術を掛け合わせることで「実際にはできないような体験を本物の体験として実現」する「Project I Can」は、各地でVR体験施設やコーナーを展開してきた。

 エグゼクティブプロデューサーの小山順一朗さんは「当プロジェクトは、1階で体験できる『高所恐怖SHOW』から始まった。最新コンテンツもお薦めだが、初めての方には、素直にVRの驚きを体験できるこのアクティビティで、まずは地上200メートルの世界を体験してもらえたら」と話す。

 同フロアはほかに、本物の巨大風船を使った「パニックキューブ」や7メートル級のクライミングウオールでボルタリングが楽しめる「トラップクライミング」、バーチャルリゾートカフェ&ダイニングなどを開設。

 2階は「ドラゴンボール」や「エヴァンゲリオン」「マリオカート」など人気のキャラクターを用いたアクティビティが並ぶ。プロモーション担当の近藤千裕さんは「足こぎグライダーで大自然の中を自由に飛行するスリルが味わえる『ハネチャリ』や、恐竜サバイバル体験ができる『絶望ジャングル』などのオリジナルコンテンツも楽しんでもらえたら」と話す。

 「近年の新宿は、これまでのイメージとは違う芸術文化の新しい発信地としての側面でも注目されているように思う。当館もVRの魅力を発信し、海外からの観光スポットとしても足を運んでもらえたら」とも。

 小山さんは「友達など皆さんでたくさん笑って騒いで楽しんでもらえる場所になれれば。VRゴーグルを装着して目の前に広がる世界を体験してみてほしい」と来館を呼び掛ける。

 営業時間は10時~22時(最終入場時間21時)。料金は1day4チケット=4,400円(入場チケット+4種のアクティビティ体験チケット)ほか。13歳未満はVRアクティビティの体験は不可。
(この記事は東京(みんなの経済新聞ネットワーク)から引用させて頂きました)




「千鳥」大悟 成功者の“その後”がグサリ「今、好きな事やれてんのかなあ?」 [フィギュア]

 テレビ東京の特別番組「マジか!その後の人生~あの栄光を掴んだ21人 今を大追跡SP~」が18日午後6時55分から放送される。サッカー日本代表、ミス日本、大ブームの仕掛け人など、かつて栄光をつかんだ21人の“その後”が明らかになる。

 番組では、誰もがうらやむ職業や憧れの経歴を持つ人たちの、その後の人生を追跡。元サッカー日本代表の山田隆裕はメロンパン屋を経て痛風持ちに。美の祭典「ミス日本」の出場者達は社長から女優、プロレスラー、画家、パチプロまで。驚きの共通点が浮かび上がる。

 さらに億万長者の“その後”や、エヴァンゲリオンのテーマソングを作った女性作詞家は、トルコ人と結婚離婚。貢いだ額は破格の3億円――。驚きの転身や大成功、さらには地獄をも経験した波乱万丈物語など、21人のそれぞれの人生ドラマが紹介される。

 MCを務めるヒロミ(52)は「21人の人生を見せていただきましたが、もともと、華やかなところにいた人たちなので、その後がどういう人生なのかっていうのは気になりますし、面白い番組だったと思います。勉強になりました」と手応え。「僕がまたこの世界を辞める時が来たら、違う“その後”をお送りしようかなって思える番組でした(笑)」と冗談めかした。

 ゲスト出演したお笑いコンビ「千鳥」大悟(37)は「さまざまな人生を見てみて、『僕、好きなことがやりたくて芸人になったのに、今、好きな事やれてんのかなあ?』なんて、考えさせられて…」とかなり刺さった様子。相方のノブ(37)も「今やれてる仕事を、もう一段階ありがたみを感じながらやりたいなと思いました」とかみ締めた。

 制作の三宅優樹プロデューサーは「この番組を制作して強く実感したのは、誰もが憧れる職業や経歴の人たちは『そうなるまでが大変、なっても大変、そしてその後はもっと大変』という事実でした」としみじみ。「マスコミに報じられるのは輝かしい人生の一部分でしかなく、その裏には、僕たちが知らない葛藤や苦悩がある。しかし、それすらも彼らは気にしない。『周りから見れば変わったように見えるかもしれないけど、俺は何も変わっていない』という、元サッカー日本代表・磯貝さんのコメントが深く印象に残りました」とコメントしている。

 ゲストには「千鳥」のほか、サッカー解説者の松木安太郎氏(59)、女医でタレントの西川史子(46)、女優の安達祐実(35)。進行を同局の大橋未歩アナウンサーが担当する。
(この記事はエンタメ総合(スポニチアネックス)から引用させて頂きました)




エヴァンゲリオンの印税6億円はトルコに消えた!作詞家・及川眠子氏の波乱万丈な人生 [フィギュア]

 人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」を手がけた作詞家・及川眠子氏(57)が、18日放送のテレビ東京系「マジか!その後の人生~あの栄光を掴んだ21人!今を大追跡SP~」(火曜・後6時55分)に出演した。

写真】冷やし中華芸人、今でも驚きの月収!!

 主題歌が大ヒットし、印税で6億円の大金の手にしていた及川氏。40歳の時、トルコに一人旅に行った際に、当時無職だった18歳年下で、水泳の五輪金メダリストだったイアン・ソープ似の「旦那」と出会った。

 「運命の出会い」だったと思ったという及川氏。「旦那」から「あなたの目が見えなくなったら、私の目をあげます、心臓が悪くなったら私の心臓をあげます」などとささやかれ結婚した。

 しかし結婚生活を送るにつれ「父の病気」「車を買う」「会社を設立したい」「カッパドキアにホテルをつくる」など金を無心され続けた。連発された「最後のお願い」で印税の6億円を使い果たし、さらに7000万円の借金を背負ったという。

 その後離婚。世界遺産にもなっているトルコの歴史的地区・カッパドキアのホテルは完成していない。

 「一生作詞家、一生物書きだと思うので、そういう物書きの女にとって、いい男というのはネタを運んできてくれる男だと思う」と話す及川氏。借金は3000万円を返済。残り4000万円になっているという。

 現在、及川氏は若手歌手の木島ユタカ(33)に詞を提供。再起を図っている。
(この記事はエンタメ総合(スポーツ報知)から引用させて頂きました)





[販売戦略]国内最大級のVR施設「VR ZONE SHINJUKU」、新宿にオープン [フィギュア]

 バンダイナムコエンターテインメントは7月14日、国内最大級のVR施設「VR ZONE SHINJUKU」を、東京新宿オープンした。

 施設規模1100坪におよぶ、国内最大級のVRエンタテインメント施設。五感を極限まで刺激する「人力飛行機で空を飛ぶスリル」や「恐竜に襲われる恐怖」を味わえるアクティビティや、人気作品の世界をリアルに体感できるアクティビティなど、16種類のアクティビティを用意する。

 施設の外壁には、東京駅3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」で注目されたクリエイティブカンパニー・NAKEDとタッグを組み、パックマンが登場するプロジェクションマッピングを使った光の演出を行うほか、施設中心にそびえ立つ「センターツリー」のあるエリアには、照明とプロジェクションマッピングを使った光の演出を行い、壁面に触れることで施設内のエネルギーが感じられるアソビの仕掛けを施し、時間や季節によって映像が変化するエンターテインメント空間を実現した。

 主なVRゴーグル着用のアクティビティは、「エヴァンゲリオンVR The魂の座」「マリオカート アーケードグランプリVR」「極限度胸試し ハネチャリ」「ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波」など。VRゴーグルを着用しないで楽しめる「巨大風船爆発ルーム PANIC CUBE」も用意する。

 利用にあたっては事前予約が必要。入場料は、大人800円、子ども(6~12歳)500円、5歳以下は無料。入場料と4種類のVRアクティビティチケットがセットになった「1Day4チケットセット」は4400円。なお、VRアクティビティの対象年齢は13歳以上。

 「VR ZONE SHINJUKU」のオリジナルグッズや飲食スペースなども用意し、施設全体で楽しめるエンタテインメント空間を目指した。営業時間は10時~22時(最終入場時間21時)で、年中無休。

 バンダイナムコエンターテインメントは、ナムコと共同で、VRアクティビティが体験できる店舗「VR ZONE Portal」を全国で展開していく。海外への進出も計画している。
(この記事はIT総合(BCN)から引用させて頂きました)



前の5件 | -
Copyright © エヴァンゲリヲンのスイカ畑 All Rights Reserved.