So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

レースクイーンも大興奮! スーパーGT全チーム紹介・GT300後編 [フィギュア]

※紹介はカーナンバー順

【No.33】 D'station Racing
ドライバー] 藤井誠暢/スヴェン・ミューラー
[マシン] ポルシェ911 GT3

写真】GT500クラスの全マシン、RQも紹介

 長年、チームのスポンサーとしてスーパーGTに参戦していたD'stationが、今季からチームを設立。総監督には元メジャーリーガーの大魔神・佐々木主浩を迎え、ドライバーにはスーパーGTで経験豊富な藤井誠暢と、ポルシェのワークスドライバーを務めるスヴェン・ミューラー(ドイツ)という強力なラインナップを揃えた。今季のポルシェは開幕戦から速さを見せ、33号車も第2戦・富士で3位表彰台を獲得。シーズン中盤はミューラーに代わってベテランのアンドレ・クート(ポルトガル)がドライブする。ライバルにとっては手強い存在となりそうだ。


【No.35】 PANTHER TEAM THAILAND
[ドライバー] ナタウッド・ジャルーンスルカワッタナ/ナタポン・ホートンカム
[マシン] トヨタ86MC

 監督のステポン・サミタシャが率いるタイのチーム。2014年からタイ・ブリーラムで開催されるスーパーGTのシリーズ戦に何度かスポット参戦していたが、今年からフル参戦を果たした。黒いボディのルーフ部分にタイの国旗が描かれたデザインの86MCで戦っている。ドライバーはナタウッド・ジャルーンスルカワッタナとナタポン・ホートンカム。ふたりともタイ国内ではトップクラスのドライバーで、ニュルブルクリンク24時間レースへの参戦経験なども持つドライバーだ。


【No.48】 DIJON Racing
[ドライバー] 高森博士/田中勝輝
[マシン] ニッサンGT-R NISMO GT3

 スーパー耐久をはじめ、国内のさまざまなレースに参戦している他、若手ドライバーもサポートしているディジョン・レーシング。長年、スーパーGTにはニッサンGT-R NISMO GT3を使用して参戦している。今年は「FUE植毛センター」がメインスポンサーとなり、カラーリングも一新。斬新なデザインで注目を集めているチームのドライバーは、国内レースで長く活躍している高森博士と田中勝輝のコンビだ。


【No.50】 INGING & Arnage Racing
[ドライバー]都筑晶裕/新田守男
[マシン] フェラーリ488 GT3

 これまでアストンマーティンやメルセデスのマシンを使用してきアルナージュ・レーシング。今年はフェラーリ488 GT3にマシンを変更し、GT300クラスのなかでは唯一フェラーリで参戦しているチームとなる。また、インギング・モータースポーツとタッグを組み体制を強化。ドライバーも都筑晶裕、新田守男と経験豊富なふたりを起用している。開幕戦の岡山では大クラッシュを喫し、マシンの修復が間に合わず第2戦の富士は欠場を余儀なくされたが、第3戦のオートポリスから復帰を果たしている。


【No.51】 LM corsa
[ドライバー] 中山雄一/坪井翔
[マシン] レクサスRC F GT3

 レクサスの新型 RC F GT3で参戦するLM corsa。大阪トヨペットグループが母体となるチームで、51号車のほうはインギング・モータースポーツが車両メンテナンスを担当している。ドライバーはトヨタ期待の若手ドライバーである中山雄一と、今季も全日本F3選手権を戦う坪井翔。さっそく第2戦の富士では優勝を飾り、シリーズチャンピオンも狙える位置につけている。


【No.52】 埼玉トヨペットGreen Brave
[ドライバー] 平沼貴之/番場琢
[マシン] トヨタ・マークX MC

 より多くの人にクルマに興味を持ってもらおうと、埼玉トヨペットがレーシングチーム「Green Brave」を結成。これまでは86/BRZレースやスーパー耐久などに参戦してきたが、今年は新開発されたマークX MCを使い、満を持してスーパーGTにフル参戦を果たした。ドライバーはこのプロジェクトの中心人物でもある平沼貴之と、2011年のGT300チャンピオンにも輝いた番場琢でエントリーしているが、第3ドライバーである脇阪薫一が第1戦から第3戦まで平沼に代わってステアリングを握っている。
(この記事はモータースポーツ(webスポルティーバ)から引用させて頂きました)




「仮想遊園地」都市部に次々 狭い土地でもドキドキ体験 [フィギュア]

 ゴーグルを着けると、まるで本物のような映像が見られる仮想現実(VR)。この技術を使い、お化け屋敷やジェットコースターに似た体験を楽しめる「仮想遊園地」が、夏の行楽シーズンを前に各地で次々と登場している。大型テーマパークさながらのドキドキ体験を狭い敷地で実現し、集客につなげる試みだ。

写真】VR施設のゴーグルから見える映像。廃虚となった病院を探索する疑似体験ができる=ハウステンボス提供

 「ギャーッ」。東京・渋谷の中心街にあるビルの地下1階。大学生の女性(22)が首をゆっくり振ると、突然叫んだ。顔には360度の映像が見えるゴーグル、耳にはヘッドホン。廃虚の病院での心霊現象を疑似体験し、「本当に歩いているようで怖くなって……」。24日に開業を控える「シブヤVRランド」の内覧会では、絶叫や笑い声があちこちで上がっていた。

 運営するのは、長崎県佐世保市でテーマパークを構えるハウステンボス。1時間2200円(税込み)で、約100平方メートルの室内で5種類のVRを楽しめる。高層ビルの合間で落下や上昇を繰り返してスリルを味わったり、かっこいい男性や女子高校生との疑似恋愛で「壁ドン」されたり。どの体験も数分ほどで、ハウステンボス内ではすでに設置されて人気という。高木潔専務は「VRは知名度の割に体験者が少なく、成長の余地が大きい」。渋谷以外での開業も計画中だ。

 ゲーム開発のバンダイナムコエンターテインメントも7月、東京・新宿の映画館跡地に「VR ZONE SHINJUKU」を開く。ジャングルで恐竜から逃げたり、人気アニメ「エヴァンゲリオン」の世界を味わったりできるVRを計15種類そろえ、入場料は4種類分のチケット込みで4400円(同)。神戸市でも9月に小型店を開き、来年3月までに国内外の都市部に20店以上を計画する。
(この記事は経済総合(朝日新聞デジタル)から引用させて頂きました)




木島ユタカ「十年経てば」で聞かせる父心  [フィギュア]

 子を想う親の心はいつの時代も変わらない。そんなことを改めて考えさせてくれる曲「十年経てば」が、今静かに話題を呼んでいる。ここに来て、FMでのオンエア回数や有線でのリクエストが増え、車中や量販店などで聞く機会も増えてきた。

【ジャケ写】木島ユタカ「十年経てば」

 まだ幼い娘の将来を想う父の心情が見事に描かれたこの作品を歌っているのは、木島ユタカ。小さい頃から民謡の全国大会で次々とグランプリを獲得したほどの艶と力のある歌声の持ち主で、今年2月に日本の童謡を歌ったアルバム『和のこころ』で30歳を過ぎてCDデビューした遅咲きの逸材だ。ライブでは三味線を弾きながら歌う独特のスタイルが人気で、ファンの数もここにきて増えつつある。

 今話題になっている「十年経てば」は、7月5日に発売される木島のセカンドアルバム『和のこころ2~ケルティック編』に収録されている1曲。シングル曲ではないにもかかわらず、その詞の内容に感動する父親が続出し、アルバムのメイン楽曲としてクローズアップされた。

 小さな娘でも十年経てば恋をする年頃になる、親に言えない秘密もできるかもしれない、つらい想いもするかもしれない。でも父は娘を愛し続け味方であり続けるんだという詞の内容は、まさに娘をもつ父親なら何度も感じる心情だ。

 今回、この詞を生み出したのは作詞家の及川眠子氏。アニメエヴァンゲリオン』の「残酷な天使のテーゼ」やWINKの「淋しい熱帯魚」など数多くの大ヒット作品を生み出した人気の作詞家だ。今まで数多くの詞を世に送り出した及川氏が、「十年経てば」で初めて“父が娘を想う気持ち”を作品のテーマとした。そこにはプロの作詞家らしい裏テーマが盛り込まれるなど、聴きこむほどにその深みがわかる仕上がりに。

 また、このアルバムでは、日本民謡をルーツにもつ木島がケルティックのメロディーに挑戦。耳なじみのあるアイルランドやスコットランドの民謡のメロディーが全曲で使われ、アルバム全体の統一テーマである“家族”を感じる詞をすべて及川氏がつけた。結果、1曲1曲にさまざまな“家族像”が表現され、今の時代には珍しい大人の鑑賞に堪えうる作品が並んだ。

 そんな木島のアルバムの中でも、ひときわ存在感の大きさを見せているのが「十年経てば」で、この作品は今後大きなヒットに結びつきそうな予感もする。

 1979年、さだまさしは「親父の一番長い日」で兄の立場から見た娘を想う父親の気持ちを歌った。1980年には菅原洋一が「1990年」で娘を想う父親の心を歌った。あれから早40年近くの時が流れた。

 もうすぐ父の日。新しい時代の娘を想う父の歌「十年経てば」は、これから長く人々に愛される可能性を秘めた素晴らしい曲だ。木島ユタカの歌声でどんな成長をしていくのだろうか。(垂石克哉)

6月21日「十年経てば」iTunes他主要サイトにて先行配信
7月3日『和のこころ2 ~ケルティック編~』レコ発ワンマンライブ@渋谷7th FLOOR
7月5日『和のこころ2 ~ケルティック編~』発売
(この記事はエンタメ総合(オリコン)から引用させて頂きました)




「レースクイーン大賞」グランプリ・清瀬まち、輝くビキニ姿を堂々披露 [フィギュア]

 「日本レースクイーン大賞2016」グランプリに輝いた清瀬まち(26)が、19日発売の『週刊プレイボーイ』27号(集英社)に登場。女王らしく輝くビキニ姿を堂々と披露した。

写真】くびれがキュッ!レースクイーンの頂点に輝いた清瀬まち

 レースクイーンになって4年目の清瀬は、元々雑誌でエヴァンゲリオン レーシングのレースクイーンの写真を見て「自分もやってみたい」と思ったことがきっかけで、業界に挑戦。今年その念願がかなって同チームに所属し、式波・アスカ・ラングレーを担当している。

 今回のグラビアでは、花柄のビキニをまとい身長164・バスト80・ウエスト58・ヒップ84センチのバツグンのプロポーションを解禁。また、アスカのコスチュームを着たレースクイーン衣装のカットも掲載されている。

 なお、同号は“史上最高にかわいいレースクイーン”と話題の藤木由貴(24)が表紙&巻頭グラビアを飾り、大島理沙、阿久津真央、蒼怜奈、中村比菜、三浦みなみ、安田七奈、日吉晶羅など人気レースクイーンが多数登場している。

 そのほか、人気アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』などに出演した声優で女優の小宮有紗(23)、『non-no』専属モデルの松川菜々花(19)、モデルでグラビアアイドルの池上紗理依(21)、現役占い師の冴季澪、タレントの堀尾実咲(24)なども登場する。
(この記事はエンタメ総合(オリコン)から引用させて頂きました)




神回『アリスと蔵六』11話 ワンダーランドで少女は決意する。碇シンジも蔵六と出会っていたら幸せだった [フィギュア]

──ハッピーエンド星人・早苗が、背中に傘背負って歩いている様子が、山下清にしか見えない。はーちゃんが白タイツ裸足で地べたを歩いているのがとてもツボなたまごまごが、『アリスと蔵六』(TOKYO MX)を全話レビューします。


■11話「女王と魔女」紗名の国の紗名

蔵六「後でこのワンダーランドとやらに説教してやらなくちゃならねぇ」原作:今井哲也、監督:桜美かつし、J.C.STAFF制作のアニメ。頑固爺さん蔵六(演:大塚明夫)の元にやってきた、妙な力を持つ少女・紗名(演:大和田仁美)を巡る物語。
 相手の想像力を奪うことのできる敷島羽鳥(演:内田秀)を、「ワンダーランド」に引き込んでこらしめようとした紗名。ところが2人はワンダーランドから出られなくなってしまい、たまたま見つけた屋敷にこもった。

 羽鳥は両親が不仲で、母親に嫌われたと感じ、ずっと苦しみ続けていたことを、紗名に打ち明ける。紗名は自分が「ワンダーランド」そのものかもしれないこと、自分は作り物かもしれないことなどを羽鳥に明かす。

 紗名と羽鳥を探しにきた蔵六と早苗(演:豊崎愛生)、情報調査室の一条雫(演:小清水亜美)は、管理施設からワンダーランドに向かう。物理法則にそぐわないめちゃくちゃな空間には、紗名が蔵六と出会ってからの記憶が、像となってたくさん並んでいた。


■紗名、自我が固まる

 原作のテーマはそのままに、全体を大幅にアレンジ。ワンダーランド描写はがっちり整理され、その仕組みがものすごくわかりやすくなった。
 蔵六たちのシーンは、序盤も含めほとんどオリジナルで追加。また今までの描写を、原作になかった形の伏線扱いで細かく回収している(ブタやチョコバーや花屋の2人の発言など)。見ていて、それだけで幸せになれるので、原作とぜひ比較してほしい。
 作者の今井哲也も「僕11話メッチャクチャ好きなんです、なので今日はもう感情がもたない 」とツイートしている。

 紗名は、ワンダーランドが人を模倣して作った通信機的存在で、彼女の感情も人間の真似らしい。
 今回の描写で、紗名の記憶とワンダーランドが、何らかの形でつながっているのが明確化された。
 一方で、紗名と全く関係なしに、ワンダーランドが学習したことを自律的に「練習」し、人間が住む世界のルールのしくみを真似ようともしているようだ。

 だったらワンダーランドが別の紗名を作ってもいいわけで、「樫村紗名」である必要がない。
「モシャモシャ」した感情は、ワンダーランドが真似たニセモノかもしれない。蔵六たちを好きだという思いも、まがい物でいらないものかもしれない。

 しかし紗名は、今回決意をしている。

「証拠なんてないんだ。でも、いるんだ私には。いるってことにしてるんだ」

 自己を形作るのは、他者ではない。紗名は紗名。「我思う故に我あり」だ。

 紗名の自我が、蔵六たちとの生活を経て、大きく育っている。
 自分と他人の境目すらぼんやりしていた、序盤の紗名。蔵六に「樫村紗名」と名前を与えられて養子になったことで、一個人となった。顔を洗う、着替える、花に水をやるなど、様々な経験を重ね、自信をつけていった。
 今は自分の気持ちが、本物かウソかは考えないようにしている。「私には(その感情が)いる」という判断の軸を作った。

 記憶のオブジェたち。あさひとよながとのお泊まり会、もらったぬいぐるみのブタ、助けにきてくれた蔵六、宇宙を飛んで蔵六にキスをした瞬間。
 ワンダーランドに刻まれたのは、紗名の「うれしい」「楽しい」「好き」なものだけだ。


■羽鳥、自分で自分を必要とする

 幼少期の羽鳥にとって、母親は世界の全てだった。小学校受験に失敗し母親から愛されなくなったと感じた彼女。存在価値を見失い、自分は必要じゃないと考えるようになって、今4年め。
 きつい。そりゃ消えたくもなる。目を合わせないとか、ネグレクトだと思うのだけど実際どうなんだろう?

 一方で痛みを経験済みの紗名。
「いた方がいいやつとか、いない方がいいやつとか、そういうのは多分ないんだ」
 蔵六や早苗から学んだことを、今度は紗名が羽鳥に伝えている。

「私もう一度ママに会いたい。手伝ってくれる?」。

 母親が私をどう思うか、というのを羽鳥はやっと切り分けられた。
 自分は、母親が好きだ、会いたい。見捨てられた恐怖ではなく、自らの感情と意思で決断したセリフだ。


■シンジくん14歳、紗名ちゃん8~10歳

 11話まできて、いい大人に出会っていたら『エヴァンゲリオン』のキャラは『アリスと蔵六』のような成長ができたんじゃないか、と感じた。
 14歳のシンジは、自我がグシャグシャになりやすい時期に大人たちがみんな不安定で、自分では心が保てずえらいことになった。人類補完計画は、他人との境界云々を考えると、大失敗したワンダーランドだ。でっかい綾波の顔が半分埋まるってもんだ。

 紗名や羽鳥は小学4年生。まだそこまで感情が育っていない。大人の言うことをシンプルに受け入れるし、反省がめちゃくちゃ早い。その分思考は幼く、時々わがままでめちゃくちゃだけど、幸いなことに蔵六という導き手がいる。ものすごい勢いで学習し、自分の力と思考を制御するモラルを身に着けた。
 8~10歳の時点で「自分は自分だ」と諭してくれる人がいるかどうかの差は、成長過程においてあまりにも大きい。シンジもゲンドウじゃなくて蔵六と出会っていたら、どれだけ幸せだっただろう。

 紗名と羽鳥は決意が固まり、ワンダーランドという閉じたセカイから出ようとしている。
 次回タイトルは「ただいま」。

(文/たまごまご)
(この記事はエンタメ総合(おたぽる)から引用させて頂きました)




前の5件 | -
Copyright © エヴァンゲリヲンのスイカ畑 All Rights Reserved.