So-net無料ブログ作成
検索選択

神回『アリスと蔵六』11話 ワンダーランドで少女は決意する。碇シンジも蔵六と出会っていたら幸せだった [フィギュア]

──ハッピーエンド星人・早苗が、背中に傘背負って歩いている様子が、山下清にしか見えない。はーちゃんが白タイツ裸足で地べたを歩いているのがとてもツボなたまごまごが、『アリスと蔵六』(TOKYO MX)を全話レビューします。


■11話「女王と魔女」紗名の国の紗名

蔵六「後でこのワンダーランドとやらに説教してやらなくちゃならねぇ」原作:今井哲也、監督:桜美かつし、J.C.STAFF制作のアニメ。頑固爺さん蔵六(演:大塚明夫)の元にやってきた、妙な力を持つ少女・紗名(演:大和田仁美)を巡る物語。
 相手の想像力を奪うことのできる敷島羽鳥(演:内田秀)を、「ワンダーランド」に引き込んでこらしめようとした紗名。ところが2人はワンダーランドから出られなくなってしまい、たまたま見つけた屋敷にこもった。

 羽鳥は両親が不仲で、母親に嫌われたと感じ、ずっと苦しみ続けていたことを、紗名に打ち明ける。紗名は自分が「ワンダーランド」そのものかもしれないこと、自分は作り物かもしれないことなどを羽鳥に明かす。

 紗名と羽鳥を探しにきた蔵六と早苗(演:豊崎愛生)、情報調査室の一条雫(演:小清水亜美)は、管理施設からワンダーランドに向かう。物理法則にそぐわないめちゃくちゃな空間には、紗名が蔵六と出会ってからの記憶が、像となってたくさん並んでいた。


■紗名、自我が固まる

 原作のテーマはそのままに、全体を大幅にアレンジ。ワンダーランド描写はがっちり整理され、その仕組みがものすごくわかりやすくなった。
 蔵六たちのシーンは、序盤も含めほとんどオリジナルで追加。また今までの描写を、原作になかった形の伏線扱いで細かく回収している(ブタやチョコバーや花屋の2人の発言など)。見ていて、それだけで幸せになれるので、原作とぜひ比較してほしい。
 作者の今井哲也も「僕11話メッチャクチャ好きなんです、なので今日はもう感情がもたない 」とツイートしている。

 紗名は、ワンダーランドが人を模倣して作った通信機的存在で、彼女の感情も人間の真似らしい。
 今回の描写で、紗名の記憶とワンダーランドが、何らかの形でつながっているのが明確化された。
 一方で、紗名と全く関係なしに、ワンダーランドが学習したことを自律的に「練習」し、人間が住む世界のルールのしくみを真似ようともしているようだ。

 だったらワンダーランドが別の紗名を作ってもいいわけで、「樫村紗名」である必要がない。
「モシャモシャ」した感情は、ワンダーランドが真似たニセモノかもしれない。蔵六たちを好きだという思いも、まがい物でいらないものかもしれない。

 しかし紗名は、今回決意をしている。

「証拠なんてないんだ。でも、いるんだ私には。いるってことにしてるんだ」

 自己を形作るのは、他者ではない。紗名は紗名。「我思う故に我あり」だ。

 紗名の自我が、蔵六たちとの生活を経て、大きく育っている。
 自分と他人の境目すらぼんやりしていた、序盤の紗名。蔵六に「樫村紗名」と名前を与えられて養子になったことで、一個人となった。顔を洗う、着替える、花に水をやるなど、様々な経験を重ね、自信をつけていった。
 今は自分の気持ちが、本物かウソかは考えないようにしている。「私には(その感情が)いる」という判断の軸を作った。

 記憶のオブジェたち。あさひとよながとのお泊まり会、もらったぬいぐるみのブタ、助けにきてくれた蔵六、宇宙を飛んで蔵六にキスをした瞬間。
 ワンダーランドに刻まれたのは、紗名の「うれしい」「楽しい」「好き」なものだけだ。


■羽鳥、自分で自分を必要とする

 幼少期の羽鳥にとって、母親は世界の全てだった。小学校受験に失敗し母親から愛されなくなったと感じた彼女。存在価値を見失い、自分は必要じゃないと考えるようになって、今4年め。
 きつい。そりゃ消えたくもなる。目を合わせないとか、ネグレクトだと思うのだけど実際どうなんだろう?

 一方で痛みを経験済みの紗名。
「いた方がいいやつとか、いない方がいいやつとか、そういうのは多分ないんだ」
 蔵六や早苗から学んだことを、今度は紗名が羽鳥に伝えている。

「私もう一度ママに会いたい。手伝ってくれる?」。

 母親が私をどう思うか、というのを羽鳥はやっと切り分けられた。
 自分は、母親が好きだ、会いたい。見捨てられた恐怖ではなく、自らの感情と意思で決断したセリフだ。


■シンジくん14歳、紗名ちゃん8~10歳

 11話まできて、いい大人に出会っていたら『エヴァンゲリオン』のキャラは『アリスと蔵六』のような成長ができたんじゃないか、と感じた。
 14歳のシンジは、自我がグシャグシャになりやすい時期に大人たちがみんな不安定で、自分では心が保てずえらいことになった。人類補完計画は、他人との境界云々を考えると、大失敗したワンダーランドだ。でっかい綾波の顔が半分埋まるってもんだ。

 紗名や羽鳥は小学4年生。まだそこまで感情が育っていない。大人の言うことをシンプルに受け入れるし、反省がめちゃくちゃ早い。その分思考は幼く、時々わがままでめちゃくちゃだけど、幸いなことに蔵六という導き手がいる。ものすごい勢いで学習し、自分の力と思考を制御するモラルを身に着けた。
 8~10歳の時点で「自分は自分だ」と諭してくれる人がいるかどうかの差は、成長過程においてあまりにも大きい。シンジもゲンドウじゃなくて蔵六と出会っていたら、どれだけ幸せだっただろう。

 紗名と羽鳥は決意が固まり、ワンダーランドという閉じたセカイから出ようとしている。
 次回タイトルは「ただいま」。

(文/たまごまご)
(この記事はエンタメ総合(おたぽる)から引用させて頂きました)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
広告スペース
Copyright © エヴァンゲリヲンのスイカ畑 All Rights Reserved.