So-net無料ブログ作成
検索選択

“かめはめ派”が打てる VR最先端技術を活用したエンターテインメント施設オープン [フィギュア]

 VRをはじめ最先端時術を活用したエンターテインメント施設『VR ZONE SHINJUKU』の発表会が13日、株式会社バンダイナムコエンターテインメント本社で行われた。発表会では、施設に登場する新VRアクティビティが明かされた。

写真】 秘伝かめはめ波の威力にビックリ!

 『VR ZONE SHINJUKU』は新宿・歌舞伎町に期間限定でオープンする、VRをはじめとした最先端技術を活用したエンターテインメント施設。2016年4月に、お台場でオープンしたVRエンターテインメント研究施設『VR ZONE Project i Can』で蓄えた、五感に訴えかける実在感の創出や、酔いの解消を実現する技術力など、単なるゲームにとどまらない最先端VRアクティビティを提供する。

 『VR ZONE Project i Can』の人気アクティビティ「極限度胸試し高所恐怖SHOW」などの5つのアクティビティに加え、『ドラゴンボール』や『エヴァンゲリオン』などの作品の世界をリアルに体感できるアクティビティや、「人力飛行機で空を飛ぶスリル」、「恐竜に襲われる恐怖」などの新アクティビティ全16種類が登場する。

 「ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ派」は“かめはめ派”を打つ体験ができるというもので、4メートル程の強力な“かめはめ派”を打つと、地面が削れて大きな溝ができるなど、“かめはめ派”の脅威を自ら体感できるアクティビティになっている。また、別売りの「VR仙豆」を持って参加すれば仙豆を食べる体験もできるという。

 さらに、『攻殻機動隊』のVRゲーム「近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds」の登場も発表。草薙素子が招集した特殊部隊のルーキーとして、テロリスト集団の制圧に参加するチーム対戦型のフィールドVRアクティビティ。姿が消える“光学迷彩”を実際に体験できる。

 また、『VR ZONE SHINJUKU』プロジェクトでは、「これまでにない新しい遊びを世界中に仕掛けていこう」という企業理念に基づき、『VR ZONE SHINJUKU』を拠点とし、世界中に“VR ZONE”の冠の付いた『VR ZONE portal』という小型施設の展開を発表した。

 常務取締役の浅沼誠氏は、「世界中の誰も真似できない、そしてまた、ここでしか出来ない。体験したいと思っても決して出来なかった夢のような体験が提供できるのではないか」とコメントした。

 エンターテインメント施設『VR ZONE SHINJUKU』は新宿・歌舞伎町に7月14日(金)から期間限定でオープンする。
(この記事はエンタメ総合(オリコン)から引用させて頂きました)




広告スペース
Copyright © エヴァンゲリヲンのスイカ畑 All Rights Reserved.