So-net無料ブログ作成

“新世紀エヴァンゲリオン”不朽の名曲「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」ダブルA面マキシシングルの新規描き下ろしジャケット写真公開! [フィギュア]

6月20日に発売になる「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン(歌:高橋洋子)」ダブルA面マキシシングルの、新規描き下ろしジャケットが公開された。

【詳細】他の写真はこちら

ジャケットは新世紀エヴァンゲリオン当時から関わり続ける摩 砂 雪氏が描き下ろしを担当し、今回公開されたジャケットに描かれている初号機には、新世紀エヴァンゲリオンで登場した使徒が散りばめられた、渾身のジャケットとなっている。

また、6月20日発売のマキシシングルに合わせて、「残酷な天使のテーゼ」の新作ミュージックビデオ(監督:摩 砂 雪、制作:カラー)の制作も決定した。HD ver.として鋭意制作中なのでお楽しみに!

さらに!マキシシングル発売を記念して、同楽曲を歌唱するアーティスト・高橋洋子の<エヴァンゲリオン ワールドツアー>の開催が決定した。フランス・香港など世界各国のイベントでライブパフォーマンスを披露する。

ワールドツアーの皮切りは<東京・池袋>EVANGELION STORE TOKYO-01もあるP’PARCOのB2F、ニコニコ本社イベントスペースにて、ミニライブを開催。当日は、ミニライブ後にEVANGELION STORE TOKYO-01での【1時間店長就任】も実施されるので、お楽しみに!

●イベント情報
エヴァンゲリオン ワールドツアー@東京・池袋
「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」発売記念 高橋洋子ミニライブ
6月30日(土)
会場:P’ PARCO B2F ニコニコ本社イベントスペース
開場:13:00 開演:14:00
内容:ライブ・トーク・お楽しみゲーム(予定)
摩 砂 雪監督による「残酷な天使のテーゼ」の新作ミュージックビデオ(HDver.)の上映(予定)
ご来場特典として、応援グッズプレゼント!

詳細はこちら

●リリース情報
「残酷な天使のテーゼ/魂のルフラン」
アーティスト:高橋洋子
6月20日発売

品番:KICM-3340
定価:¥1,000+税

<CD>
M1:残酷な天使のテーゼ(TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」主題歌)
M2:魂のルフラン(「新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 シト新生」主題歌)
M3:残酷な天使のテーゼ off vocal ver.
M4:魂のルフランoff vocal ver.

<高橋洋子プロフィール>
1991年「P.S. I miss you」で、ソロ歌手としてメジャーデビュー、 レコード大賞新人賞、有線大賞新人賞を受賞。メジャーデビュー前は1987年から久保田利伸や松任谷由実などのコンサートでバックコーラスやスタジオミュージシャンとして活動。 代表作は、1995年、『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌 「残酷な天使のテーゼ」、翌年、「魂のルフラン」で、聴くものの心に響き渡る圧倒的な存在感を確立し、現在に渡りセールスが続いている。累計発売枚数総計約150万枚(2017時点)。
2015年6月、さいたまスーパーアリーナで開催された「キングスーパーライブ」にてオープニングを飾り、7月には北米最大の アニメエキスポ「Los Angels AX2015」にゲスト出演。
これまでに、シングルCD25枚、アルバム13枚、ベストアルバム8枚、2016年3月に鷺巣詩郎プロデュースにてシン・ゴジラ対エヴァンゲリオンをテーマとしたマキシシングル 「Welcome to the Stage」を発売、2017年には渋谷Bunkamuraオーチャードホールでシン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽コンサートに出演。2017年末にコンサート収録CDがキングレコードから発売された。
現在、日本の文化になりつつあるアニメやアニソンで、世界に向けて活動の場を広げている。

<摩 砂 雪 MASAYUKI>
1961年生まれ。長野県出身。アニメーター、演出家。江古田のとあるスタジオで『さすがの猿飛』(1982年)の作画監督を務め、激しいアクションシーンが話題に。劇場アニメ『王立宇宙軍 オネアミスの翼』(1987年)でガイナックス作品に参加。
OVA『トップをねらえ!』(1988年)第5話、第6話で庵野秀明作品に参加、『ふしぎの海のナディア』(1990年)では画コンテ、演出、作画監督と総合的に活躍した。1995年の『新世紀エヴァンゲリオン』でも副監督、画コンテ、作画監督他、全面的に参加、岡本喜八監督に大きな影響を受けた編集術が高く評価され、劇場版では「DEATH」編を監督。『ナディア』や『FLCL(フリクリ)』(2000年)などでも編集版のPVを多く手がけている。庵野秀明監督の実写劇場版『キューティーハニー』(2004年)では監督補佐を務め、アニメ版『Re:キューティーハニー』(2004年)では監督を担当。他にキャラクターデザイン担当では『マクロスプラス』(1994年)『帝都物語』(1991年)などの作品がある。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序・破・Q』では監督として参加している。

(C)カラー/Project Eva.

関連リンク
高橋洋子オフィシャルサイト
(この記事は音楽(M-ON!Press(エムオンプレス))から引用させて頂きました)








nice!(1)  コメント(0) 

姫路駅に鉄道ファンら駆けつける 「エヴァンゲリオン新幹線」ラストラン /兵庫 [フィギュア]

 姫路駅に人気アニメ「エヴァンゲリオン」をイメージしたデザイン車両のラストランを一目見ようと大勢の鉄道ファンらが最終運行日となる5月13日、駆けつけた。(姫路経済新聞)

 2015年から走り続けた同デザイン車両。山陽新幹線40周年を記念しJRが導入し、新大阪-博多間を1日1往復していた。

 同日、新大阪からの下りの最終運行を一目見ようと集まった鉄道ファンや市民らが見守る中、同車両は12時03分、お別れの警笛を鳴らしながらゆっくりホームをあとにした。姫路市内から夫婦で来た吉田拓也さんは「仕事の合間に走ってる姿は見ていたが最後の勇姿をゆっくり見られてよかった」と語っていた。

 JRは、今夏にハローキティをデザインした新幹線車両を導入し、新大阪-博多間を運行する。
(この記事は兵庫(みんなの経済新聞ネットワーク)から引用させて頂きました)








nice!(0)  コメント(0) 

初号機そっくり、実物大の操縦席も エヴァ新幹線引退へ [フィギュア]

 人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」をイメージした山陽新幹線「500 TYPE EVA」が13日、ラストランを迎える。「エヴァ新幹線」として2年半、親しまれ、ファンらが別れを惜しんでいる。

【写真】エヴァに関する展示物が多数置かれたエヴァ新幹線の1号車=9日、福岡県、宮野拓也撮影

 山陽新幹線の全線開業から40周年と「エヴァンゲリオン」のテレビ放送開始20周年を記念し、2015年11月に運行が始まった。こだま(500系)で博多と新大阪を1日1往復している。博多駅を午前6時40分に発ち、新大阪に午前11時13分に到着。新大阪を折り返し博多駅に午後3時38分に戻る。

 「エヴァンゲリオンの初号機は500系の新幹線と似ている」。JR西日本社員のそんなひらめきもあったという。

 デザインは「エヴァ」のメカニックデザインで知られる山下いくとさんが担当。監督の庵野秀明さんも監修で携わった。1号車には実物大コックピットがあり、予約制で搭乗体験できる。
(この記事は社会(朝日新聞デジタル)から引用させて頂きました)








nice!(0)  コメント(0) 

BOYS AND MEN全員に聞いた「進化させたいところ、させたくないところ」 [フィギュア]

本田「僕らを見た後に”今日もカッコよかったね“という言葉より、”今日も元気が出たね“と言ってもらえるほうがうれしいんです」

【写真全11枚】メンバー別全身カット有り

田中「これまで曲を提供してくださったヒャダインさんも、”ボイメンは、サービス精神が旺盛なグループだ“と言ってくださって。そこは、僕らがデビューしてからずっと変わらないところ。みなさんに楽しんでいただくためには、まず自分たちが楽しまないと伝わらないという思いがあるので、その場、その場でとことんエネルギーを爆発させようと思っています」

 そう語る彼らの今年第1弾シングル『進化理論』も、まさに聴く人に元気をくれる曲。

本田「テレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』(TBS系、毎週土曜)のオープニングテーマ曲ということもあって、アニメの雰囲気に合わせた疾走感を感じてもらえると思います」

水野「子どもたちでも覚えやすい曲。これまで、僕たちのことを知らなかった方々にも興味を持ってもらえるんじゃないかと」

平松「アニメの新幹線を連想させるような振り付けがあって、お子さんでも踊れるようなダンスも取り入れています」

辻本「ロボットアニメの主題歌って、名曲と呼ばれるものが多いじゃないですか。僕らが子どものころに見ていた、ガンダムとか、マジンガーZとか、鉄人28号とか……」

本田「世代がちょっと古い(笑)。さすがに、鉄人28号はリアルタイムで見てないでしょ」

小林「僕はテレビアニメのデジモン(デジモンアドベンチャー)が大好きで、オープニングテーマ曲の『Butter-Fly』は、いまだにカラオケで歌います」

田村「エヴァンゲリオンとか、アクエリオンとか、時代を超えて名曲としてずっと歌われているじゃないですか。そういう存在の曲になったらいいなと思っています」
(この記事は音楽(週刊女性PRIME)から引用させて頂きました)








nice!(0)  コメント(0) 

AI採用っていいじゃないか いや、弱点もある [フィギュア]

 「AI選考ってどう思います?」

 最近、よく聞かれることといえば、これだ。AI(人工知能)を使って採用活動を行う企業が現れ、話題となっている。

なぜ人間は過剰に働かなければいけないのか

 AI選考で活用するシーンは、「書類選考」と「面接」だ。書類選考においては、AIに応募書類を読ませ、ジャッジする。AIによる面接も行われている。スマートフォンを活用し、画面を見ながら、質問に答えるというものだ。

 リクルートキャリアの調べによると、現在AIを選考に活用している企業は0.4%程度だが、従業員数5000名以上の企業においては導入意向が4分の1程度になっているという。現在導入している企業としてソフトバンク、リクルートグループ、サッポロビール、住友生命などが報じられている。

 ちなみに、AI選考を導入している大手企業の採用担当者は「今後は『適性診断』にも活用していきたい」と言っていた。

 この「AI×選考」をどう捉えるか。選考に限らず、AIとどう向き合うかは、旬なテーマだ。さまざまな分野で活躍する人と会うたびにこの話題になる。「いま、やっている仕事はなくなるんじゃないか」というような危機感を語る人もいれば、「ウチも積極活用しなくては」と前向きな人もいる。

 AIに関して議論する際は、「そもそも人間の生活、仕事とは何か?」「よく生きるとはどういうことか?」という問いと向き合わなければならない。つまり、現在、人間が行なっていることの根本が問い直されるのだ。

●これはオレの仕事なのか

 なぜ人間はここまで忙しく働かなくてはならないのか。過酷な業務は人間がやるべきなのか。よりくだけた表現で言うと「これはオレの仕事なのか?」と思う瞬間はないだろうか。安全で衛生な環境で仕事をすることは、労働者の権利であるはずだ。

 この手の話をすると、いかにも工場や工事現場などの肉体労働を想起するだろうが、それ以外でも人間はストレスフルの仕事をしている。これをAIやロボットなどに行ってもらうのは検討の価値がある。そうでなくても、日本の労働力人口は減っていく。これを埋める上でもAIの活用は検討に値するのである。仕事を広義の機械に代行してもらう、機械を活用して仕事をするというのは人間が産業革命移行、取り組み続けてきたことである。

 もちろん、AIに仕事を奪われるリスクを感じる者もいるだろう。しかしここで大切なのは新しい機械が導入されるたびに、人間はそれまでになかった仕事を生み出したり、機械との役割分担を考えてきたりしてきたことである。どこまでをAIに行わせるかという線引や倫理的な判断が必要なのは言うまでもない。しかし、前述したようにいまでも人間は、安全や衛生に問題のある仕事を一部行っており、いつまで今の仕事を人間がやるのかという問題もあるのだ。

 AI×選考においては、主に「倫理」と「精度」の問題が問われている。両方に共通するのは、「では、これまで人間が行ってきた選考は素晴らしいものだったのか?」という点である。採用の裏側では学校名などによる差別・区別が横行している。一方で、採用活動は肉体労働で、採用担当者は常に求職者の前でデキる誠実なビジネスパーソンを演じ続けなければいけないし、会社説明や社内の調整などたくさんの業務を回さなくてはならない。

●AI採用でいいことがある

 AIがエントリーシートを読むことに対して抵抗のある者もいるだろう。「人間が読んでくれないなんて」と。しかし、現場に目を向けると、学生からのエントリー数が膨張しているので、担当者は疲弊している。こうした現実があるので、大学の「ラベル」である程度絞らざるを得ないのだ。いわゆる“学歴フィルター”である。大学名でエントリーシートの通過を決めるなど、バッサリ切ってしまうのである。

 学歴フィルターを行っている企業は少なくないので、AIを導入すると、全員のエントリーシートを読んでもらえるので「まだまし」という考え方もできる。有名大学の学生はラベルだけの争奪戦になるが、そうではなく、応募者全員の「レベル」を見て評価することができる。

 現状、AIがエントリーシートを読み込む精度は96%程度である(少し前にみたデータなので、現在は上がっていることが推測される)。「100%じゃないじゃないか」という人もいるだろうが、そうした人にお聞きしたい。「人間なら100%なのか?」と。人間は疲弊するし、個人によるブレもある。AIだと労力はかからないので、働き方改革が進むかもしれない。

 AIによる面接については、遠方の学生から支持されているという。わざわざお金と時間をかけて都市部に来なくても、面接を受けることができるからだ。これは、2年後に発生すると言われている「就活2020年問題」の対策になるはず。東京五輪の年は、開催期間はもちろん、その前から交通機関、宿泊施設、会議施設を適切な価格で確保するのは困難になるからだ。こうした背景があって、AI採用を導入する企業が増えてくるのではないかと見ている。

 たくさんのデータが蓄積されているので、徐々に精度も上がっていく。採用に詳しくない現場の面接官よりも精度は高いとも言える。模倣や虚偽のチェックも可能だ。

 このように書くと「AI選考っていいじゃないか」と思われたかもしれないが、弱点もある。それは、採用のごく一部しか代替しないことだ。

●AI採用を導入する企業が増えている背景

 採用は「選考」や「判断」が全てではない。業界や企業、業務内容に関して理解を深めてもらう場でもある。特に面接においては、人を通じて組織風土を感じてもらうことも大事なポイントだ。さらに、面接は口説く場でもある。「ウチにきたら、君は活躍できるぞ」など劇的に口説くことはまだまだAIにはできない。もちろん、未来は分からない。

 じゃあ、なぜAI採用を導入する企業が増えているのかというと、現在は売り手市場であり少しでも間口を広げるためでもある。また、新しいことに取り組んでいるというPR効果も期待できる。さらに、人材確保に積極的であるという姿勢を株主に打ち出すこともできる。以前は、人員の増加は株主から批判されることもあったが、現在では人材を獲得できるかどうかが経営リスクになり得る時代だからだ。

 AIは自分たちの仕事のあり方など、さまざまなことを問いかけてくる。

●常見陽平のプロフィール:

 1974年生まれ。身長175センチ、体重85キロ。札幌市出身。一橋大学商学部卒。同大学大学院社会学研究科修士課程修了。

リクルート、玩具メーカー、コンサルティング会社、フリーランス活動を経て2015年4月より千葉商科大学国際教養学部専任講師。長時間の残業、休日出勤、接待、宴会芸、異動、出向、転勤、過労・メンヘルなど真性「社畜」経験の持ち主。「働き方」をテーマに執筆、研究に没頭中。著書に『なぜ、残業はなくならないのか』(祥伝社)『僕たちはガンダムのジムである』『エヴァンゲリオン化する社会』(ともに日本経済新聞出版社)『「就活」と日本社会』(NHK出版)『「意識高い系」という病』(ベストセラーズ)『普通に働け』(イースト・プレス)など。
(この記事は経済総合(ITmedia ビジネスオンライン)から引用させて頂きました)








nice!(0)  コメント(0) 
広告スペース
Copyright © エヴァンゲリヲンのスイカ畑 All Rights Reserved.