So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

STU48が映画館で最新VRを体験!「誰かが悲鳴を上げたら、臨場感が増しますね」 [フィギュア]

ヘッドマウントディスプレイを装着し、まるでその世界に入り込んだかのような体験ができるVR。家庭向けのVRゴーグルを使用して個人で楽しんだり、アミューズメント施設で人気のVR体験が、7月から映画館で味わえるようになる!

【写真を見る】いつでも笑顔を忘れないキュートなSTU48の5人

7月2日(月)から新宿バルト9で行われる「映画館でVR!」先行体験上映は、全国にシネコンを展開するほか「仮面ライダー」シリーズをはじめ多くのコンテンツを抱える東映、PC事業などで培った技術でVRソリューション事業を展開するVAIO、3DCGアニメーション制作を手がけるクラフターという3社がそれぞれの得意分野を生かして行うもの。

■ 映画館でのVR体験の魅力とは!?

6月26日に新宿バルト9で行われた上記の3社による共同事業「VRCC(VR Cinema Consortium)の発表会には、早朝から多くの取材陣が訪れ、注目度の高さを感じさせた。東映株式会社 取締役企画調整部長・村松秀信は「4DやIMAXなどと並び、映画館でしか味わえない映像体験の一つとして推し進めていきたい」という意気込みを語った。

次いで登壇したVAIO株式会社 執行役員副社長の赤羽良介は「多くの人にVR映画を体験してほしい」と語り、VR上映に必要なヘッドセットについて説明。これまでのVRヘッドセットは“3DoF”と呼ばれる、上下、左右という頭の動きにしか対応していないものがほとんどだったが、椅子に座ったまま体を前にかがんだりしても大丈夫なように、奥行なども実際に映像から感じられる“6DoF”の最新のものを導入する。

加えて、これまでのほとんどのVRヘッドセットがヘッドフォンを必要としていたが、音響のクオリティが低いものが多く、楽しめないという人もいた。その点VRCCでは、映画館ならではの5.1chサラウンドの迫力あるサウンドが楽しめるほか、ヘッドフォンをしていないため、隣の観客の息遣いや、笑い声といった周囲の反応も体感できるのが大きな特徴だ。

■ STU48の5人がVR体験!横を見たり、のけぞったり…!

3社の代表からの挨拶の後、最新技術を体感するゲストにAKB48の姉妹グループとして2017年3月に誕生したSTU48のメンバー、石田みなみ、今村美月、田中皓子、土路生優里、薮下楓の5人が登場。早速、ステージ上に置かれた椅子に座り、ヘッドセットを装着し、VR体験がスタート。

彼女らが体験するのは、先行体験上映で上映される短編のうちの1本『夏をやりなおす』。夏のとある日、学校で自分に向かって話しかけてくる一人の少女。教室の中に入るとヘッドセットをつけたメンバーは左右を見まわしたり、突然鳴り響く雷に「キャーッ!」と叫んだり、椅子から転げ落ちそうになったり。実際に彼女らが見ている映像がスクリーンに映し出されていたが、取材陣は5人の豊かなリアクションをただ見守るしかなかった。

約6分のVR体験をしてみて、薮下は「自分が主人公になったように感じられて楽しかったです」と、石田は「普通の映画は怖いシーンは横を向けばシャットアウトできるけど、VRは全方位なので逃げられないんですよね」とVRならではの楽しさを実感。今村は「誰かが悲鳴を上げたら、臨場感が増しますね」と映画館でしか味わえない新しいVR体験について感想を語ってくれた。

■ 係員からVRヘッドセットを渡されて着席すると、いよいよ上映開始!

発表会の後、実際に上映が行われるシアター7にて、メディア関係者向けの体験会が行われ、『夏をやりなおす』が上映された。係員からシアター入口で渡されたVRヘッドセットは頭の後ろで金具を押して調節するタイプのもの。アイマスクの上に装着するので、ずれてこないか気になる人もいるかもしれないが、肌に直接触れるものなので必須だ。

映像が始まると、STU48のメンバーのリアクションも納得できるような驚きの展開が!少女のことを見るだけでなく、周囲を見回したり、ついつい細かい部分まで何度もチェックしたくなる。

なお、「映画館でVR!」先行体験上映では『夏をやりなおす』のほかに、2015年の「日本アニメ(ーター)見本市」で公開されたエヴァンゲリオンのアナザーストーリーをVR化した『evangelion:Another Impact(VR)』、一部のアミューズメント施設で上映されている『おそ松さんVR』を上映。今回はVRと親和性の高いアニメーション作品が選ばれたが、今後はアーティストライブや「仮面ライダー」など東映ならではのコンテンツの上映なども企画されている。

チケットは6月30日(土)の0時から発売となり、1日に2回の上映で約1か月の興行予定ということなので、夏休みの前半は映画館でVR体験してみてはいかがだろうか?(※13歳未満の方はご鑑賞いただけません)(Movie Walker・取材・文/トライワークス)
(この記事は映画(Movie Walker)から引用させて頂きました)








nice!(1)  コメント(0) 

エヴァ、おそ松さんのVR作品が映画館に登場!

 「エヴァンゲリオン」「おそ松さん」といった人気のアニメが、映画館でVR映像を体験できる興行イベント「映画館でVR!」のコンテンツとして上映されることが、26日に新宿バルト9で行われた「VRCC」記者発表会の場で明らかになった。

【写真】STU48がVRを体験!

 VR映像を映画館で楽しもうというプロジェクト「VRCC(VR Cinema Consortium)」は、技術を提供するVAIO株式会社、映画配給会社の東映株式会社、宮崎駿監督の短編『毛虫のボロ』を手がけるなど3DCGアニメーションの制作力に定評がある株式会社クラフターによる共同事業。
(この記事は映画(シネマトゥデイ)から引用させて頂きました)




nice!(0)  コメント(0) 

“ハローキティ新幹線” 6月30日から博多~新大阪で運行 “カワイイルーム”や記念撮影も JR西日本

JR西日本が6月30日から博多と新大阪の間で運行を始める「ハローキティ新幹線」がお披露目されました。

白い車体にかわいらしいピンクのリボン。

そしてドアの横には制服姿のハローキティです。

山陽新幹線の500系の車体を改造した、世界に1つだけの特別編成。

2号車の「カワイイルーム」は、座席も窓の周りもキティちゃん一色です。

【記者リポート】
「こちらのコーナーでは、西日本のご当地キティちゃんたち、そして制服姿のキティちゃんと記念撮影ができます」

JR西日本のこうした特別な新幹線は、列車模型で遊べるプラレール新幹線、人気アニメのエヴァンゲリオン新幹線に続いて3代目、運行の狙いは―。

【JR西日本営業本部 財剛啓 担当部長】
「日本国内のみならず海外の方々にも非常に知名度が高い。この新幹線をきっかけにして日本にお越し頂ければと思っております」

6月30日から博多と新大阪の間を毎日1往復、特別料金は不要ということで、この夏、ファンたちの人気を集めそうです。
(この記事は福岡(TNCテレビ西日本)から引用させて頂きました)




nice!(0)  コメント(0) 

「エヴァンゲリオン」仕様のギターキャビネットやベース用プリアンプが限定発売 [フィギュア]

アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズとコラボレーションした楽器機材とアクセサリーが、7月14日より数量限定で発売される。

【写真】「HESU MODERN M212 CUSTOM CABINET EVA レイ」(他14枚)

ラインナップされたのは、ギターキャビネット、ベース用プリアンプ、ギターピックセット、マイクロファイバーギタークロスの4アイテム。ギターキャビネットはポーランド・HESU社の「MODERN M212 CUSTOM CABINET」とのコラボモデルで、フロントグリルに初号機A、初号機B、アスカ、レイがそれぞれプリントされた。各30台限定販売となる。

ベース用プリアンプは日本のみでの400台限定販売。フィンランドのベース機材専門ブランド・DarkGlass Electronicsの「Alpha・Omega」と、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」のコラボモデルとなる。ポリアセタール素材のギターピック5枚セットは、初号機セット、零号機セット、2号機セットの3種が、マイクロファイバーギタークロスの絵柄は初号機、レイ、アスカ、ペンペン、ランダムの5種が用意された。

価格はギターキャビネットが各12万9600円、ベース用プリアンプが4万7520円、ピックセットが各1080円、マイクロファイバーギタークロスが各1296円。全国の楽器店とEVANGELION STOREにて販売される。

(c)カラー
(この記事はエンタメ総合(コミックナタリー)から引用させて頂きました)








nice!(0)  コメント(0) 

ポスト・川崎あや!? 次世代スレンダーグラドルの田中めいが“ふわっと”すぎる!「歴代彼氏はすべて二次元なんで…」

川崎あやちゃんの大ブレイクをきっかけに盛り上がりを見せる“スレンダー”グラビアシーン。そんな中、ニューフェイスとして期待されているのが身長165cm B77 W59 H87と抜群のスタイルを誇る、田中めい(21)ちゃんだ。

【画像】スレンダーボディ・田中めいちゃんを撮り下ろし!

昨年デビューの新人ながら、リリースしたイメージDVDが好調な売り上げを記録、5月からはエヴァンゲリオンレーシングにレースクイーンとして参加するなど活躍の場を広げている。

『週刊プレイボーイ』27号「ちっぱい美巨尻番付」では、西の大関に番付されるなど、次世代スレンダーグラドルのブレイク候補として期待されている彼女は一体どんな女のコなのか? 直撃すると、華やかなルックスからは想像できない変わった一面が明らかに!

―まずは、デビューのきっかけを教えてください!

田中 去年の4月くらいに竹下通りに洋服を買いに行ったんです。その時、ぼっちでいるところをスカウトされて入りました。その日、ネイルがあって、急いでてたところを止められて。なんか、めっちゃしつこいなって思ってたんですけど、勢いがすごくて(笑)。それで今の事務所に入りました。

―勢いに負けたと(笑)。それだけ熱心だったんですね。所属して最初の仕事は?

田中 秋葉原の撮影会でした。狭い撮影スタジオにたくさん人が通っててすごいなって。最初はポーズとかも全然わからなくて大変だったんですけど、アニメが大好きなので『ラブライブ』の女のコのポーズとかをマネして乗り切りました。にっこにっこにー

―ファーストDVD『めいめい』を撮ったのは入ってからどれくらい?

田中 1ヵ月目くらいです。入ってすぐに「撮るよ~」って言われて。でも、動画は本当に大変でした。どこまで自分が映ってるのかがよくわからなくて、とりあえず顔が入る時だけ教えてもらいました。あと私、前屈とかも90度ですでに足が痛くなるくらい体が硬くて、捻(ひね)るのとか不思議な動きができないし、体が痛くて辛かったです。

―(笑)その後、セカンドDVD『スレンダーラブ』を発売していろいろなサイトのイメージDVDランキングで上位になるなど好調なセールスを記録しました。ソフマップでのリリースイベントの記事もかなり拡散されてましたよね。

田中 はい。ありがたいことに。おかげさまでツイッターのフォロワーさんがめっちゃ増えました。元々、3千人くらいだったので。

―そこからどれくらい増えたの?

田中 ……。

―気にしてないっていう(笑)。イベントはどんな雰囲気でした?

田中 なんか、みんな静かなんですよ、私のイベント。すっごいシーンとしてました。発売元の方にこんなに静かなイベント初めてって言われたくらい。なんでなんでしょう。めっちゃ静かで姿勢がよくて、なんか校長先生になった気分でした。


―(笑)褒められたりとか? イベント以外でも反応は…。

田中 競泳水着いいね~って言ってくれます。

―結構なハイレグで攻めてますよね。

田中 はい。好きなんです。足の長さが盛れるから。普通のビキニを着てるより全然いいかなぁって思います。撮影会でもすごい人気があって、ハイレグ水着をリクエストされることが多いですね。

―セカンドDVDで成長したなぁって思うことはあります?

田中 実はファーストの撮影時、お昼ゴハンの海鮮丼をがっつり食べてしまって、その後のカットはおなかが出てるんです(笑)。明らかに。だから、セカンドの時は気をつけました。半分、胃下垂みたいな感じなので、撮影前に食べさえしなければ大丈夫です。

―では、努力したこととかは?

田中 Wii Fitをちょっとしました。

―完全になめてますやん、それ(笑)。

田中 外に出たくないっていうのがあって、それで考えた結果です。

―じゃあ、体系維持のために意識してることも特にない?

田中 筋肉質な体にしたくなくて、筋肉をつけないようにしてます。太らず、筋肉をつけずこのままでいれたら。でも、もうちょっとくびれを作れたらと思って、努力してます!

―どんな努力してるんですか?

田中 Wii Fitです!

―万能かい!(笑) で、グラビアは楽しいですか?

田中 はい。特に囲みの撮影会の時が好きです。みんなが来てくれたっていうのが一番わかりやすいんで。あと、差し入れもいただけたりするので嬉しいです。たまに手紙をくれる方もいて、めっちゃ読んでますし、ちゃんと保存してます。


―いい話ですね! ところで、アニメが好きとのことですがきっかけは?

田中 中学校の時からですね。『エヴァンゲリオン』の新劇場版が公開される時に再放送しててハマったんです。中学校の時はひたすらエヴァだけ観てましたね。高校に入ってからは万遍なく観てました。

―なんと、それでエヴァンゲリオンレーシングにレースクイーンとして所属しちゃった!?

田中 本当に念願でした。傘とかずっと持ってみたいって憧れていたんです。しかも、大好きなエヴァのチーム! 真希波・マリ・イラストリアスの衣装を初めて着た時はめっちゃテンション上がりました! レースクイーンは初めての経験でまだあんまりよくわかっていないんですけど頑張りたいです!!

―活躍を期待しております。ところで、アニメ以外の趣味とかは?

田中 ディズニーが大好きです! 年間パスポートも持ってます。時期によって変わるんですが、春が一番好きで、イースターをやってる期間は週の半分くらい行ってます。

―熱烈なファン! そんなに誰と行くんですか?

田中 ひとりで行きます。ひとりが一番楽です!

―な、なるほど…。人それぞれですよね! 洋服にも気を遣ってそうですが、お好きだったり? 原宿に洋服を買いに行ったところをスカウトされたということですし…。

田中 はい。洋服買いに行くことが好きです。原宿に『EATME』っていうお店があってそこの服が好きなんですよ。益若つばささんが手がけてて可愛いんです。益若つばささん自身も本当に可愛くて憧れてます。

―じゃあ、憧れの芸能人は益若さん?

田中 佐々木希さんです。顔がもうすっごいタイプです。特に目が好き。私の普段のメイクも佐々木希さんにちょっと寄せてるんです(笑)。

―益若さんじゃないんかーい!(笑) では、グラドルで憧れてる人は?

田中 川崎あやさんのウエストはやっぱりすごいなぁって思います。あんなウエストになってみたいです。衣装とかもめっちゃ攻めててカッコいいですし!

―田中さんもすでにスタイルすごいじゃないですか! ルックスもですし、すごくモテるんでは?

田中 モテないんですよ…本当に。告白されたのも中学の卒業式以来ないです…。高校も女子高だったんで。男子とは一切、関わりがなく…。


―意外です! 高校時代の思い出は?

田中 アニメイトです。アニメイトで生きてました。アニメキャラのグッズとか缶バッジをめっちゃ集めてたんで。周りにもアニメ好きなコがすっごい多かったし、ほとんどそのコたちとアニメの話をしてましたね。

―惚れちゃったキャラとかは?

田中 いっぱいいます…。『おそ松さん』の長男とか。

―どんなところがいいんですか?

田中 ムフフフッ(笑) 声優の櫻井孝宏さんが好きで。櫻井さんがやってるキャラが好きなんです。

―顔ほころんでますやん。じゃあ、実際の男性で好きなタイプは?

田中 自分より背が高いと「ワッ!」ってなります。私がヒール履くと、みんなちっちゃくなっちゃうんですよ。だから、ヒールを履いても自分より大きい男性はいいな~って。でもそれが条件というわけではないです。

―じゃあ、歴代彼氏はこういう人が多いとかないですか?

田中 歴代彼氏は、すべて二次元なんです…。デートさえしたことないです。

―え…。ちなみに彼氏欲しい願望とかは?

田中 ないです。

―デートしたい願望は?

田中 ないです。

―ディズニーランドだってカップルで行けば違う感じになるかも。

田中 ひとりで行きたいです。

―暖簾(のれん)に腕押し!(笑) なんかあんまり、みんなから注目を浴びたいとかって感じがしないですよね。

田中 ふわっと生きてます、なんか。でも、撮影会の囲みの時にいっぱいファンに集まっていただける時は嬉しいですし、テンション上がります。

―では、最後にこれからの目標を教えてください!

田中 まだ始めたばかりですが、グラビアを続けていけたらいいなぁって思っています。あとは、服を着た仕事もやってみたいです。モデルとか。いつか、TGC(東京ガールズコレクション)とか出てみたいです。

―田中めいちゃんのこれからの活躍に注目です!

(撮影/河西遼)

■田中めい(たなか・めい)
1997年3月11日生まれ。埼玉県出身。身長165cm B77cm W59cm H87cm。昨年のデビュー以降、『めいめい』『スレンダーラブ』と2枚のイメージDVDをリリースし好調なセールスを記録。エヴァレーシングRQ2018に真希波・マリ・イラストリアス役として参加中。最新情報はオフィシャルTwitter【@meitanaka_】でチェック!
(この記事はエンタメ総合(週プレNEWS)から引用させて頂きました)




nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -
Copyright © エヴァンゲリヲンのスイカ畑 All Rights Reserved.